FC2ブログ

ばんぶろ。 --やや本格的楽曲考察ブログ

「ばんひか」「ウラひか」「ごっちゃBOX!!」共通のブログです。 どこかのバンドみたいに、ゆっくりしっかり書き上げることを目指しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

榎本くるみに見る、謎のプロデューサー『MOR』とBUMPの接点

【2008年9月9日追記】
こちらの記事には一部古い記述があります。こちらに訂正記事を載せています。


MOR、と読んですぐピンと来る方はどれぐらい居るだろうか?
BUMP OF CHICKENの「オンリーロンリーグローリー」以降を担当している(と思われる)
プロデューサーのクレジット名義だ。
スタッフ欄にその名が現れて以来、藤原のアコギサウンドが前面に出るようになり、
シーケンサーの音が積極的に使用されるようになり・・・と、
BUMPの音楽性が現在の路線へと動いた際に彼らの傍に居た存在である。
『オンリー…』以降、大きなサウンドの変化が現れたBUMPを読み解くカギを握る存在だろう。
ところが「MOR」は通称名義で(複数メンバーのグループ名という説も?)、
その人物が誰なのかは現在まで公表されていない"覆面プロデューサー"なのだ。
訂正
ただし!この「MOR」の謎を紐解く重要なミュージシャンがいる。
それが榎本くるみだ。
榎本くるみは、現在MORが唯一BUMP以外に手がけているミュージシャンである。

榎本くるみは2002年にソニーミュージックからメジャーデビュー(名義が別)。
一度インディーズへ戻り、2006年4月に移籍して再デビューしている。
同年7月に発売したシングル、『打ち上げ花火』からMORがプロデューサーになった。
近作は、初のアルバムである『NOTEBOOK I ~未来の記憶~』。
クレジット欄を見ると、レコーディング・エンジニアが牧野英司(Eiji "Q" Makino)、
マスタリングがYasuji Yasman Maeda、
ついでにレコーディングスタジオも同じ『一口坂スタジオ』と、
まんまバンプの布陣であることに驚かされる。
しかもジャケットデザインはタイクーングラフィックス・・・。

さて、アルバムを一聴したところ・・・、
確かにサウンドにはちょっと共通点があるな」とは感じた。
(私は音楽のプロではないので素人臭い比喩になってしまうことをご了承願いたいが、)
冒頭の「素晴らしい世界」をはじめとする疾走感あるナンバーの"キラキラ"感、
エレキギターの不思議と澄んだ"透明感"など、
特に「オングロ」や「カルマ」、「supernova」あたりには近いものを感じる。
ただ、サウンド自体は
力強い歪みのエレキサウンドに加えてストリングスも大胆に取り入れているし、
MOR自身が加わっている作詞に関しても、榎本くるみ独自のもので共通点はそれほど感じない。
(偶然だろうが、『Ⅰ』には
 「最初は上手く取れなかったけど楽しかったあなたとのキャッチボール♪」
 という内容の「キャッチボール」という楽曲が収録されている。ちなみに、いい曲だ。)
ただ、ストリングスの使用はやや特徴があって、
「あ、『SONG FOR TALES OF THE ABYSS』のオケアレンジはMORの担当かな?」と
思われるような箇所もあった。
特に、一曲目の「素晴らしい世界」の冒頭部は、
『静かだが壮大なストリングス』→『爆音のイントロ』という構成になっていて、
『SONG FOR...』での「promise ~live~」→「カルマ」に類似している。

以上で紹介したイントロは、榎本くるみの特設?サイトである「未来の記憶」にて、
高音質で聴くことが出来る。
・・・まぁ、最初にアルバムを聴いた時の率直な感想を書いちゃうと、
何でこの人売れてないの!?」。
全編一切手抜きのない力強い楽曲の数々に
思いがけず圧倒されてしまった。
「素晴らしい世界」「螺旋の記憶」「メリーゴーランド」「とぎれなきバトン」・・・。
特設サイトの試聴をBGM代わりに聴いているうちに興味が沸いたなら、
ぜひ一度入手されることをおススメする。
MORを研究する上での資料的価値だとかではなくても、普通にヘヴィロテ出来るアルバムだ。
ミュージックステーションでも紹介されたことがあるらしい(出演はしていない)。
もしかして今後注目のミュージシャン、かも?

ちなみに、公式サイトのライナーノーツには
Ro69で『花の名』『メーデー』の早聴き記事を書いた井上貴子が寄せていたり、
『素晴らしい世界』のレビューを鹿野淳(!)が書いていたり・・・。
プロデューサー以外にもいろいろ「バンプ」そのまま。世間はなかなか狭いようです。

□ランキングクリック!
b_03.gif
気に入っていただけましたら、ぜひ応援クリックや以下の拍手をお願いします!
    □□□□□管理人のメーンサイト□□□□□
■■■ばんひか -BUMP OF CHICKENをひかえめにウォッチするサイト-■■■
http://yu6.4sql.net/music/banhika/
ディープな楽曲考察や、アルバム解説なども行なっています。

■■■ウラひか -ウラニーノをひかえめにウォッチするサイト-■■■
http://yu6.4sql.net/music/urahika/
徹底した"物語楽曲"がステキな注目株インディーズバンド、
ウラニーノの数少ないファンサイトです。
スポンサーサイト

テーマ:BUMP OF CHICKEN - ジャンル:音楽

  1. 2007/10/11(木) 00:23:32|
  2. ごっちゃBOX!!関連
  3. | トラックバック:0

ごっちゃBOX!!■ASIAN KUNG-FU GENERATION『センスレス』・・・超情報化社会の孤独

#002 ASIAN KUNG-FU GENERATION『センスレス』
---超情報化社会の孤独

 アジアン・カンフー・ジェネレーションのアルバム『ファンクラブ』に収録されている楽曲には、しばしば現代の、情報化社会の闇の部分をえぐるような箇所が登場する。例えば「ワールドアパート」で<即席の歌で舞い踊る/実態のない未来と愛の輪(a)>と、"情報"に踊らされるメディア弱者たちに触れていたり、「ブラックアウト」で<321 情報が錯綜 真実を知らない (中略) 想像と妄想の混同 掃いて捨てるモノ(b)>と、ネット上を駆け巡るウソやデッチ上げ、情報操作の批判とも思わせる痛烈な歌詞の箇所があったり、「桜草」で、社会から逃避し引き篭もる人間の様子を描写していたり・・・するわけだが、そうした、加速する情報化社会への痛烈なメッセージは、9曲目の「センスレス」で頂点に達する。

 <液晶を世界の上辺が這う
  音速のスピードで文字に酔う
  醒めて冷えきって
  忘れ去るだけ>

 「液晶」は、テレビでも、パソコンでも当てはまる。日に日に勢いを増す莫大な情報が私たちの前に無差別に投げ出され、瞬く間に消費されていく。「真実」なのか、「ヤラセ」なのか、「妄想」なのか、「誇張」なのか・・・、判別することも出来ないまま、情報は私たちを圧倒していく。信じ込ませられる。カラフルに彩られたニュースや報道は現実を絶望させ、感情を冷却させる。ふてくされて逃げ込んだ先のウェブ掲示板では、真実とも妄想ともつかない過激な情報が随時流され、私たちを扇動しようとする。インターネットは次第に私たちの心を飲み込み、服従させる。現実に、いま、それが起こっている。

 だがしかし、その全てのものに<温度感も何もない>。冷え切った"情報"でしかなく、生身の人間がそこには居ない。センスレス【Senseless】は「(芸術などの)センスが無い」という意味ではない。感覚の無い、無分別で無秩序なことを指す言葉だ。文字データだけでその実を伴わない空虚な存在が大衆を扇動し、対立させ、さらに人々の感情を冷やしていく。現実はますます色味を失い、秩序を破壊する。理路整然とした高層ビルが街を覆いつくし、人々は機械的に行動し、ノルマと時間に追いやられ、ノイズと極彩色に溢れかえった道路を移動していく。

 <行き交う人込みに解ける
  そんな毎日 今日も明日も>

 そんな時代に、果たして"音楽"は意味をなすのだろうか?

 繁華街を歩けば、CMでも幾らでも流れている流行のポップスがどこからともなく響き渡り、簡単に大量生産された音楽に人々は飛びついていく。音楽以外に価値を見出されたシングルCDがオリコン・チャートの王者となり、「みんな聴いてるから・・・」と携帯からダウンロードした音楽も、カラオケで腐るほど安く食い潰されていく。ウェブ上でいくらでも複製できるようになった音楽データがネット上に氾濫し、力を手に入れたファンたちは、気に入らないミュージシャンたちを潰そうとあの手この手で手薬煉を引く。そこに音楽は無い。人間と人間の間で増幅された憎悪と他虐心が、それを突き動かしていく。

 そんな時代に、果たして"音楽"は力を持つのだろうか?
 人々を救い出すことが出来るのだろうか?
 この楽曲の中でも、その答えは描かれない。知ることが出来るはずもない。

 だから、"祈る"のである。

 この曲は祈りの音楽だ。ドロドロしたこの現代社会を、「センスレス」では4分間にわたり圧倒的な演奏と象徴的な歌詞で表現している。ところが――、終盤に入ると、この曲は奇妙な展開を見せる。散々自分でこの現代社会を皮肉っておきながら、あまりにもそこからは脈略が無い歌詞が現れるのだ。

 <それでも想いを繋げてよ>


 解放。


 "突き抜けた"後の、5行ほどある短い歌詞群が実に素晴らしい。後藤の、アジカンの、そして世界中のミュージシャンの"祈り"が、そこから読み取れないだろうか?あまりにもストレートな、しかし切実な、今にも泣き出しそうな、純粋な5行。この時代に音楽は不要なのかもしれない。もはや意味を成さないのかもしれない。人々が"人間"を見失うとき、すべての音楽は人類に捨てられてしまうかもしれない。後藤はそれを察知しているのだ。その上で、「俺らはどんなに世界が変わっても、価値が捨てられても、人が人を信じられなくなっても、<世界中を悲しみが覆って>も、いつまでも変わらずに歌い続けてみせるから、どうか、俺たちのこと、忘れないで居てくれ」・・・と、嘆願しているのである。祈っているのである。あなたは、この、ミュージシャンからの祈りに応えることが出来るだろうか?この5行だけを抜き出してしまえば、それほど価値は考えられない歌詞かもしれない。だがそれまでの間に、例えばこの曲の中だけでも十分に"現実の闇"をリアルに描いてきているのだ。散々現実を肯定しながらも、なお、「見捨てないで」と願っているのだ。

 ・・・あまりにも、重く、儚い。この曲ではもはや、メディアもマスコミも、インターネットをも批判することを諦めている。音楽も、彼らの力には敵わないのだ。それすらも認めたうえで、・・・この曲を書いているのだ。

 全体的に難解な内容かもしれないが、曲の最後の最後には理論も知性も吹き飛ばして、ただただひたすらに切実な感情が描かれている。前半と後半のこのギャップがまた、聴く者の胸をさらに締め付ける。『ファンクラブ』の中でも中核をなしている楽曲であるし、同時にひとつの傑出した世界をも築き上げている、見事な楽曲だ。この曲が2006年のツアーで1曲目に披露されたと聞いたが、実に相応しいと思う。アジカンの中でも、一番真摯にリスナーへメッセージを発している楽曲だ。


歌詞引用一覧(歌詞の扱いについて)
(a)「ワールドアパート」 作詞作曲・後藤正文
(b)「ブラックアウト」 作詞作曲・後藤正文
(c)「桜草」 作詞作曲・後藤正文
その他の<>内はすべて、「センスレス」 作詞作曲・後藤正文

□ランキングクリック!
b_03.gif
気に入っていただけましたら、ぜひ応援クリックや以下の拍手をお願いします!

    □□□□□管理人のメーンサイト□□□□□
■■■ばんひか -BUMP OF CHICKENをひかえめにウォッチするサイト-■■■
http://yu6.4sql.net/music/banhika/
ディープな楽曲考察や、アルバム解説なども行なっています。

■■■ウラひか -ウラニーノをひかえめにウォッチするサイト-■■■
http://yu6.4sql.net/music/urahika/
徹底した"物語楽曲"がステキな注目株インディーズバンド、
ウラニーノの数少ないファンサイトです。



凄まじい遅筆でご心配をおかけしているかもしれません・・・。
生きておりますー。

次回更新ですが、ウラニーノ分に関しては既に書き上がっているものの、
BUMPのほうで少々苦戦しております。
数日以内に更新できたらと思っておりますので、
まったりとお待ちいただけたら幸いです。

テーマ:ASIAN KUNG-FU GENERATION - ジャンル:音楽

  1. 2007/08/14(火) 10:01:43|
  2. ごっちゃBOX!!関連
  3. | トラックバック:1

ごっちゃBOX!!■くるり『ブレーメン BREMEN』---壮大な命の巡りを描ききった傑作

#001 くるり『ブレーメン BREMEN』
---壮大な命の巡りを描ききった傑作

 僕は普段「くるり」というバンドの曲は聞かない。

 「iTunesMusicStore」で「赤い電車」という曲を購入したことはあったが、くるり自体にはそれほど興味は無かった。だから、「ウィーンでレコーディングされた」という新しいアルバムにはたしかに興味はあったけれど、まぁ、聞いた途端にハマっちゃうほどの衝撃みたいなものは特別期待していなかった。くるりの最新アルバム『ワルツを踊れ Tanz Walzer』は、クラシック・ミュージックから色濃く影響を受けているとされる。たしかに音楽的には、自由奔放な転調やストリングス楽器の多用など、クラシックからの影響が素人の僕でも判別できるほどではあるが、それ以上になにか大きなものをこのアルバムはクラシック音楽から感じ取ったのではないか、とすら思えた。アルバム全体も実に様々な音楽が並んでいて、それこそまさに「音楽の都」を観光しているような錯覚を覚えたほどで、面白かった。けれども、・・・このアルバムは二曲目にヤラれた。ヤラれすぎた。正に、年に数曲聴けるか聴けないかの大傑作がこのアルバムには眠っていた。印象的なインスト曲の次に始まる、このアルバムの実質的なオープニング・ナンバー、「ブレーメン」だ。

 この曲はいわゆる"物語形式"になっている。BUMPに近いというよりは、むしろウラニーノ寄りな構成だ。哀しさと暖かさを内包したこの曲の物語は、古くから語り継がれてきたヨーロッパの童話などを彷彿とさせる。

 「ブレーメン」は、イントロから圧倒的な世界観で聴く者を圧倒する。どこかで聴いたことがあるような、憂愁を誘いつつも明るく暖かなメロディがヘッドフォン(またはスピーカー)から次第に心の奥へと迫ってくる。やがてヴォーカルが入る。そこで描かれているのは、中世・近世ヨーロッパを彷彿とさせる古き良き街の風景だ。だが、そのまま平和~な気持ちで耳を傾けていると、・・・いきなり物語に訪れた理不尽な悲劇に驚かされるだろう。哀しみの唄、なのだが、音楽は依然として包み込むような暖かさだ。ここで初めて、この曲はただ暖かいのではなく「どんな悲劇をも包み込むような、普遍性としての暖かさ」を抱いているのだと確信させられる。概念だけならば簡単だが、・・・この曲は実際にそういった暖かさを持ち合わせているのだ。そこが計り知れないほどに大きい。憂愁を誘う、忘れかけていたような、ホッとする暖かさ。・・・さながら、イジめられてぐちゃぐちゃに涙して、家へ帰りついて泣きついた、暖かな母の胸の中のような。

 少年が死んだ後も、街は何も変わらない。相変わらず楽隊はメロディを奏で、夕暮れは揺ぎ無く訪れる。小屋はやがて朽ち果て、新たな命の肥やしとなる。大気は動き、雨が降る。降り注いだ雨は花に恵みを与え、ばらは咲き、そしてまた枯れる。枯れた花はまた新たな命の肥やしとなっていく―――。落雷は、タロットカードなどでは「突然訪れる悲劇」や「運命」を象徴するものだ。どうしようもない自然の摂理。少年の理不尽な死は、誰のせいでもない。ただ"運"が悪かっただけなのだ。それでも・・・命は巡って行く、少年すら取り込んで、自然のサイクルは終わりなく繰り返され、陽は沈んでまた昇って、人間の営みはまた新たな街の灯を点しだす。この自然の壮大な、しかし普遍的な物語を鮮やかに描き出した、・・・それこそが「ブレーメン」という曲なのだと思う。

 全ての悲劇も、自然の前には無力だ。自然は万物を、暖かく、優しく包み込む。ただ嬉しい悲しいではない、この命の喜び(JUBILEE)を、太古から人間は音楽にしてきた。だが僕も含め、近年そういった曲はめっきり聴かなくなったように思う。それを現代において、日本のとあるロックバンドが再び汲み上げ、そして奏でた。・・・これだけでも、この曲が傑作たる所以には申し分ないと思う。情景的な描写、哀しさと暖かさと壮大さに触れる見事な歌詞構成、情緒的な物語、そして疾走する暖かなメロディ―――。極めて完成度の高い曲だ。ぜひ、ぜひ、聴いてみていただきい。この曲を聴くためだけでもこのアルバムを入手するべきだ。この曲は、世間一般のアルバム1枚分以上の価値がある。壮大な命をめぐる旅路、言葉にならない暖かな感動を、ぜひ貴方にも感じ取っていただきたい。久々に"傑作!"とはっきり断言できる一品だ。


□ランキングクリック!
b_03.gif
気に入っていただけましたら、ぜひ応援クリックや以下の拍手をお願いします!

    □□□□□管理人のメーンサイト□□□□□
■■■ばんひか -BUMP OF CHICKENをひかえめにウォッチするサイト-■■■
http://yu6.4sql.net/music/banhika/
ディープな楽曲考察や、アルバム解説なども行なっています。

■■■ウラひか -ウラニーノをひかえめにウォッチするサイト-■■■
http://yu6.4sql.net/music/urahika/
徹底した"物語楽曲"がステキな注目株インディーズバンド、
ウラニーノの数少ないファンサイトです。

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2007/07/31(火) 11:22:10|
  2. ごっちゃBOX!!関連
  3. | トラックバック:2

ごっちゃBOX!!

こちらにレビュー等を書き込み予定です。
  1. 2007/04/19(木) 19:00:19|
  2. ごっちゃBOX!!関連
  3. | トラックバック:0

プロフィール

yu6fc2

Author:yu6fc2
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

日々クリックしていただけると、バンプやウラニーノの知名度も上がる、かも?

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Yahoo!検定

みんなの検定情報をご覧になるには、JavaScriptの設定を有効にする必要があります。
yu_numataさんが作った検定
Yahoo!インターネット検定

よびぞーん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。