ばんぶろ。 --やや本格的楽曲考察ブログ

「ばんひか」「ウラひか」「ごっちゃBOX!!」共通のブログです。 どこかのバンドみたいに、ゆっくりしっかり書き上げることを目指しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ふたつのお知らせ!■ばんひか&ウラひか、近況

更新滞っております、すみません・・・。
ふたつのお知らせです。

■ホームページが移転します
現在のサーバーの状況があまり宜しくありませんので、
バナーの出ない、新たな地への引越し準備を始めています。
今しばらくお待ちください。

■『手売りでCCレモン・ライブレポート』
執筆中です!旬が過ぎてても気にしない!濃密なものをお届けできるよう頑張っております。
2月中に公開予定です。
DSC00369.jpg

sum2.jpg

※写真掲載の許諾を頂いています。

□ランキングクリック!
b_03.gif
気に入っていただけましたら、ぜひ応援クリックや以下の拍手をお願いします!
スポンサーサイト
  1. 2008/01/31(木) 19:47:18|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0

『orbital period』にて、感じたことを、いろいろ。

BUMP OF CHICKEN 5th Album
orbital period
2007年12月19日 発売/3059円(税込み)

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
年末年始にも色々更新したい気持ちもあったのですが、色々思うことあり悩むことありで、
とうとう今日まで更新出来ずにいました。
さすがに今から『orbital period』のセカンドインプレッションを書くのも
少々時期を逃しすぎた感がありますので、メモ程度につらつらと書きます。
書き方を「です・ます」にするか、「だ・である」にするか、試行錯誤中です。混ざっていて違和感を感じられるでしょうが、何卒。

■『orbital period』私のお気に入り。
一番のお気に入りは「arrows」。前作の「ロストマン」に匹敵する抜群の素晴らしさです。
壮大な"人間"、命、それを超越した"繋がり"の物語が、たった6分間で余すところ無く表現されています。
「ロストマン」ではたったひとりだった"迷子"が、「arrows」ではそこでもうひとりの"迷子"を見つける・・・
この展開は、アルバム『ユグドラシル』と『orbital period』との決定的な違いを端的に表わしています。
ひとりで全てを抱え込み、迷いながらも孤高へと旅立っていったのが前作ならば、
今作は、その先で"もうひとつの存在"を見つけ動揺し、最終的にはそれを受け入れる主人公が
表わされています。・・・詳しくは再び考察を。

二番目のお気に入りは「かさぶたぶたぶ」。
これこそが"童謡"です。全国の幼稚園でヘヴィーローテーションされるべきでしょう。
ちっちゃいこ向けな擬人化を使いながらも、メッセージ自体は非常に骨太で、
「傷」(←まさか「カラダの傷」しかイメージ出来ないなんて方はいませんよね?)付くこと、
そしてそれが次第に"自然治癒"していく過程を「かさぶた」の視線から暖かく見つめた今作は、
あまりに見事な「最後の一行」もひっくるめて、非常に斬新な切り口と表現技法の上に成り立っています。
もしかしたら年齢が高い方ほど「染みて」くる楽曲かも?
こうなると、曲中で仲直りした相手は果たして「他人」なのか、それとも「自分自身」だったのか、
なんて考察も楽しくなってきます。
「夢の飼い主」「涙のふるさと」「かさぶたぶたぶ」の擬人化三部作は、
今後BUMPを語る上で重要視されていくでしょう。
もともとは隠しトラック用に30分で全部書き上げた曲だとのことですが、
この曲がアルバムの中心にあるかないかで、今作の印象は大きく変わっていました。
今アルバムにおいて、「星の鳥」&repriseの収録、そして「かさぶたぶたぶ」の「昇格」を英断した
MORのディレクター、モリテツヤ氏の貢献は非常に大きいと言えます。
・・・というか、これ、本当に「みんなのうた」に応募しません?もうしてるかな?してるんだろうな。

三番目のお気に入りは「時空かくれんぼ」。
過去が、今が、未来が、僕が、もうひとりの僕が、そして"君"が、
過去で、未来で、僕の中で、そして"君"の中で隠れて、姿を現して、そしてまた隠れる・・・
人間が24時間いつでも経験しているこの"かくれんぼ"の世界観を余すところ無く表現し、
しかもこれが、これほどまでに感動的な楽曲に仕上がっている!
「叫びたいよォォォ!!」の後の雄叫びは、私が個人的にずっと藤原に「出して欲しかった声」だったので、
これも非常に嬉しかった!
「時空かくれんぼ」というタイトル・センスもずば抜けています。タイトルもう、これ以外ありえない!

絵本『星の鳥』で気がついたポイント
・絶対に忘れてはいけないのは、「楽曲>絵本」という主従関係である。
 「絵本のこの部分は、この曲のここを表現したんだな!」という解釈はアリだが、
 「この曲は、絵本のここを表現してるんだな!」という分析は、違う。
 大前提として、それは忘れてはいけない。制作順序的にも絶対にありえない解釈だ。
 一部サイトを回っているとこういう解釈を多々見かけるが、絵本と楽曲の主従を逆転させてしまうのは
 ある意味アルバムへの冒涜だろう。かなり、残念だ。
・この絵本に含まれている文にはすべて句読点(「、」や「。」)が使われていない。
 藤原の歌詞には通常句読点が出てこないので、これは"歌詞"を意識した文体か?
 つまり絵本全体がひとつの曲を、文章は曲の"歌詞"を模しているということになる。
 『orbital period』に収録されている"19曲目"こそが、ずばりこの絵本なのではないか。
・まさかとは思うが、この出来の良さに「藤原を絵本作家としてデビューさせよう!」みたいな
 動きが決して出てこないことを祈っています。

Amazonの販売欄に想う。

非常に悲しいことだが、現在、Amazonの「orbital period」販売欄のカスタマーレビューのトップが
"ひどい"ことになっている。
取り上げられているレビューの内容自体は、各それぞれの感じ方の違いでもあるし問題ないが、
全203レビュー中、★1~2のレビューはわずか12に対して、残りの大多数意見は一切掲載されておらず、
低評価のレビュー3つ全てが独占的に表示されている現状には憤りを感じざるを得ない。
作為を感じる・・・とまで書くと扇動になっちゃうけれど、
公平にレビューを掲載するためには、或る程度「逆の」意見も、この場合は「肯定」の意見も
トップに表示されるよう、手動で調節するべきではないか。


□ランキングクリック!
b_03.gif
気に入っていただけましたら、ぜひ応援クリックや以下の拍手をお願いします!

テーマ:BUMP OF CHICKEN - ジャンル:音楽

  1. 2008/01/20(日) 18:31:12|
  2. 更新履歴
  3. | トラックバック:0

プロフィール

yu6fc2

Author:yu6fc2
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

日々クリックしていただけると、バンプやウラニーノの知名度も上がる、かも?

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Yahoo!検定

みんなの検定情報をご覧になるには、JavaScriptの設定を有効にする必要があります。
yu_numataさんが作った検定
Yahoo!インターネット検定

よびぞーん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。