FC2ブログ

ばんぶろ。 --やや本格的楽曲考察ブログ

「ばんひか」「ウラひか」「ごっちゃBOX!!」共通のブログです。 どこかのバンドみたいに、ゆっくりしっかり書き上げることを目指しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ばんこら■BUMPのニュー・アルバムを大胆予想!

さて、五月発売の雑誌「musica」で
完全に発売時期未定が明らかとなったバンプのニュー・アルバムだが、
ここでは現在出ているあらゆる情報や楽曲を元に、
来たる新作アルバムの全貌を大胆予想してみようと思う。
当サイトが自信を持ってお届けする「次回作予想」だ。
ぜひ、最後までお付き合い頂きたい。


1.収録曲数の減少
前述の「musica」で、藤原の口から「未発表曲は3曲」だという
ことが報告された。2005年以降のシングル曲と合わせると、
"ストック"は今のところ7曲だ。
もちろん今もまた新たな曲のレコーディングが行われているわけだが、
メンバー自身も「早く出したい」という主旨の発言もしていたので、
次回作はほぼ間違いなく、『ユグドラシル』の14曲より
収録曲数が減ると推測できる。
「asgard」「Opening」のような"表紙の曲"があるとまた変わるが、
ニュー・アルバムの実質的な収録曲は10~11曲前後になるであろう。

2.さらに広がるアレンジの幅~エレキ色は退行?
現在までに発表されているシングル音源から読み取れるのは、
「その曲が求めているアレンジ」を追求しているということだ。
「プラネタリウム」の、エレキ特有の歪みが使われなかったメロディも
その延長線上で生まれたのだろう。
また、様々な楽器を駆使してレコーディングされた「人形劇ギルド」で得た
音作りのノウハウも存分に取り入れてくるのは間違いない。
次回作では、『ユグドラシル』が示した「曲の本質の追求」が、
さらに押し進められる形になるだろう。
その代わり、インディーズ時代を彷彿とさせるギターロックが
再び復活するとは考えにくい。
ただ、最新作の「涙のふるさと」では
ギターを掻き鳴らしつつも暖かなメロディを築くことに成功しているため、
次のアルバムで、その「本質追求」が一段落する可能性もあるだろう。
BUMPのこれから、が顕著に示されるアルバムになるはずだ。

3.曲自体は『jupiter』回帰?~日常、一人称曲の増加。
前項で「アレンジは『ユグドラシル』の延長線上」と書いたが、
一方で楽曲自体は前作のような抽象的、概念的な物が減るだろうと推測できる。
「supernova」で描いていたのは、「ロストマン」のような
破滅と喪失、そして再生を壮大に表現した心象風景ではなく、
平凡でありふれた日常の景色だった。
やや上からの目線でリスナーに強いメッセージを伝えていた
前作『ユグドラシル』の時とは異なり、
「プラネタリウム」では狭い"箱"の中での一人称の主人公を描き、
テーマ自体はシビアな「涙のふるさと」でも、これまでのような
重たくシリアスな閉塞感を感じさせない作りが目指されている。
また「musica」で、未発表曲を聴いた鹿野淳が
「(藤原自身を)素直に書いている曲だ」と表したことからも、
現在書き進められている楽曲が、「ギルド」「同じドア…」の傾向よりは、
むしろ「Title of mine」や「ベル」に近いものだと言えそうだ。
その意味で、来るニュー・アルバムに収録される曲たちは
やや『jupiter』寄りの、日常風景や「俺・僕・君」が登場する曲が
割合を増すのではないだろうか。

4.バラエティ豊かな収録曲!→アルバムの統一感は薄いかも
基本的に、レコーディングが長引くと曲同士の統一感は希薄になり
期間が短いほど曲の幅が狭くなる傾向が、どのアーティストにも
あるのではないかと思う。
期間が短いほどアレンジに凝る時間が無いし、一曲一曲すべてを
全く違うモノにしていてはレコーディング現場も混乱するはずだ。
そのような制作体制ではバラエティ豊かな曲を揃えるのは困難だが、
逆にアルバム全体に統一感を出すことが出来る。
期間が長ければ一曲一曲に凝る余裕が出、幅広い音楽を同じアルバムに
収めることが可能な代わりに、全体の統一感が少々犠牲になってしまうだろう。
BUMPの場合、『FLAME VEIN』や『THE LIVING DEAD』などが
期間の短かったアルバムだ。特に『THE LIVING DEAD』はその
異常なまでの短期間ぶりが、アルバム全体までもをあたかも
"一曲"であるかのように見事にまとめ上げた。
逆に『jupiter』は、アルバムの統一感としては少々欠ける部分がある。
今作はご存知のとおり制作期間が今までとは桁違いに長いので、
様々な世界観を持った曲を一度に聞くことができるだろう。
ただそのかわり、アルバム全体としては、アレンジ面での繋がりが
少し薄めになるかもしれない。
・・・ただし『ユグドラシル』では、非常にバラエティ豊かな楽曲が揃っていたにもかかわらず、
ほぼ「完璧」に近い見事な"曲順"がそれをカバーしていた。
個人的には次回作でも、バンプの「曲順のセンス」にぜひ期待したい。


さて、最後に「発売時期」だが、
私たちが予想するなどという以前に、まだメンバーすらも「発売時期」を感知できて
いない模様だ。・・・こればかりは仕方が無い。
ただ、2008年度以降にズレ込むことはさすがに無いかな、と個人的には予想している。
待たせた分だけのモノを常に届けてくれる彼らだ。
「オテテをオヒザに乗せて、オクチにチャックしながら」、次の情報をじっくりと待とう。

□ランキングクリック!
b_03.gif


■■■ばんひか -BUMP OF CHICKENをひかえめにウォッチするサイト-■■■
http://yu6.4sql.net/music/banhika/
ディープな楽曲考察や、アルバム解説なども行なっています。
スポンサーサイト

テーマ:BUMP OF CHICKEN - ジャンル:音楽

  1. 2007/06/22(金) 11:48:13|
  2. ばんこら!出張版
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yu6fc2.blog86.fc2.com/tb.php/19-17c9e680
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yu6fc2

Author:yu6fc2
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

日々クリックしていただけると、バンプやウラニーノの知名度も上がる、かも?

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Yahoo!検定

みんなの検定情報をご覧になるには、JavaScriptの設定を有効にする必要があります。
yu_numataさんが作った検定
Yahoo!インターネット検定

よびぞーん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。